カンパニー:土木部研修旅行 平成31年4月12日(金)~13日(日)



平成31年4月12日(金)~13日(日)の日程で、土木部の研修旅行がありました。
今回は、中村社長と土木部職員に、この春入社した新入社員8人(土木部5人、建築部3人)も参加して
岩手県宮古市の閉伊川災害復旧水門工事(鹿島建設・大阪建設・三陸土建JV)を現場研修させて頂きました。
元々閉伊川は、鮭や鮎が遡上する清流であり、漁船が往来する航路や荷揚場があるなど、宮古市民に親しまれている河川でした。
こんな閉伊川も東日本大震災では、津波が川を逆流し市街地に大きな被害をもたらしました。
閉伊川河口部に、海岸沿いに整備される防潮堤と一体となって津波から市街地を守る防潮水門の建設が進められています。
真剣な研修の後は、
楽しい宴となり、皆さん親睦をより深めて、明日への英気を養うことが出来ました。

宮古湾と閉伊川河口付近水水門工事現場
工事担当者の方から工事の説明を伺います
実際に工事現場に入り、詳細を確認します
Copyright © ITO-KEN Co., Ltd. All Rights Reserved.